度ありで激安のナチュラルカラコン|乱視用を購入するには

乱視用を購入するには

 

カラーコンタクトには、乱視用も発売されています。一般的なカラーコンタクトと矯正するポイントが異なるため、どのくらいボヤけがあるかを数値化したCLYと乱視の角度であるAXISの2つのデータが必要になります。また、近視も混ざっている場合には、球面度数であるSPHや度数であるPRWのデータが必要になります。そのため、通常のレンズよりも割高になることがあります。

 

注文する前には、データを知るためにも眼科にて検査と装着指導を受けることになります。使用する際には、装用時間と装用サイクルを守り、定期的に眼科医にて検診を受けることです。

 

乱視用カラーコンタクトについて

 

現代人は視力が悪い方が多くいるのではないかと思われます。近視や乱視に悩まされている方も多くいるでしょう。カラーコンタクトでもそのような方に対応した度ありのレンズや乱視用のレンズが販売されています。

 

やはり、ピントが合わないレンズを使っていても不快感があることでしょう。少し割高になるものの、乱視用のカラーコンタクトを使い、快適な視界でおしゃれも楽しみたいものです。そして、取扱い方法を守ることが重要です。ケアの仕方は普通のカラーコンタクトと同じなので、眼科へ定期的に検査に行くことも忘れないようにしましょう。

 

乱視を矯正しながらくっきりデカ目が可能です

 

カラーコンタクトレンズの製法にはキャストモールド製法とサンドイッチ製法があります。
キャストモールド法はレンズに着色料を混ぜて作る方法で、薄くて柔らかいレンズが作れるため着け心地の良いのが特徴ですが、不良品があった場合には目に着色料が触れて充血したりするデメリットがあります。
これに対してサンドイッチ法は2枚のレンズの間に着色料をいれるもので、着色料が目に直接触れにくい点で安全性が高いですが、レンズが分厚くなったり固めになったりして着け心地がやや劣るといったデメリットがあります。また、価格が高くなることや、厚さが増すので酸素の供給も少なくなるデメリットもあります。
もっとも、最近では両者のメリットを生かした非常に薄いものが作れるようになっており、デメリットは改善されて敷居が低くなってきています。
ところで、乱視の場合には使えるカラコンは少なく、CYLやAXISに対応しているレンズがないので普通のコンタクトで諦めてしまっている方も多いと思います。
そんな方たちには乱視用カラコンがお薦めです。今ではおしゃれなカラコンも増えてきており、これで乱視を矯正しながら、くっきりデカ目が可能になります。